一口に外貨建て商品といっても内容は様々で、例えば外貨預金、外貨MMF・MRF、、外国株式、などがあります。もちろんおなじみのFX・外国為替証拠金取引きも外貨建て商品の1つです。これらの外貨建て金融商品の中で、おそらく最も認知度が高く、最も親しまれているのはFXでしょう。

スポンサーリンク

なぜ、外国為替といえば、FXといわれるまでに広まったのか、その理由を、他の商品と比較しながら見ていきましょう。

まず、FX特有のルールにレバレッジがあります。レバレッジ50倍というのは、資金の50倍の取引きが出来るということですから小額から始められるという利点に繋がります。海外株式も信用取引可能な業者もありますが、レバレッジに例えれば、3倍程度までしか購入することは出来ません。

もちろん外貨預金などでは、基本的にレバレッジで言えば1倍であり、資産の何十倍もの投資が出来るというのはFXをおいて他にありません。

もちろん、レバレッジは自分でコントロールする事ができますから、(というより、そうする必要があるわけですが)自分でリスクをコントロールすることが可能になります。

また、レバレッジを活用することで、小額からでも始められるというのが、FXの最大の特徴と言えるでしょう。

そしてFXには自由があります。

FXは、自由度がもっとも高い商品であるといえます。FXは相場が開いている時間であれば、いつでも自由にポジションを建て、ポジションを閉じることが出来ます。それと、いつでも売りからも買いからでも参入できるというメリットがあります。

FX以外でいつでも自由に解約が可能な商品としては外貨MRFがありますが、買いからしか入ることが出来ません。もちろん外貨預金や外貨MMFは、どれだけ円高になっても自由に解約することはできません。売りからも入れる、いつでも解約できるFXに比較すると自由度という点ではどうしても劣ります。

ただ、外貨MRFは、FXでは扱っている業者のない国への投資が可能なものもありますから、レバレッジ1倍で、高金利な国へ投資したいというのであれば外貨MRFという選択肢もありですね。今のところ、高金利・低レートなブラジルレアルへの投資は外貨MRFでなければ行えません。

手数料やコストが低いのもFXの魅力です!

FXは相対取引業者であれば、手数料無料が普通です。他の金融商品で取引手数料無料が一般的な商品はありません。コストという面で最も有利なのはFXです。

また、他の外貨建て商品と比較すると、スプレッドも最も狭くなっています。外貨預金であれば、往復2円のスプレッドになりますから、スプレッド1銭以下の業者を探すことは決して難しくないFXに比べると、どうしても割高になっています。

もちろん、コストの面でも自由度という面でも最も優れた商品であるFXは、これらの金融商品の中で最もハイリスクな商品です。リスクを許容できない人間が手を出すべき商品ではありません。

ですが、最もハイリスクな分、最もハイリターンが可能だと言い換えることもできます。ですが、リスクコントロールが可能であり、自由度が高いことが、FXの魅力的な面だというのは間違いなくいえる事でしょう。

個人的にオススメのサービス

海外送金|格安&簡単スピーディな大黒屋ウエスタンユニオン国際送金>>>大黒屋が運営する国際送金サービスです。現地に銀行口座がない場合や北欧通貨やアジア通貨で送金を行いたい、個人の資金管理を行いたい人向けです。

楽器買取について>>>Googleで「質屋 カルティエ買取」を検索すると質屋の大黒屋さんが商店のトップでした。ブランド・家電・携帯電話などが主な買取商品です。宅配買取、出張買取、店頭買取、質などで、買取り強化ブランドにはカルティエ買取のほかロレックス、オメガ、ルイビトン、エルメス、シャネル、グッチ、コーチ、プラダ、クロエなどもあります。

ワキ汗対策・・汗をかくのは健康上よいことですが、ワキ汗や汗ジミは電車の吊り革を持つ際、また臭いが気になるなど敬遠されがちですよね。パッドやデオドラント、専門家に相談して悩みを改善させるなど確実に選択肢は増えているようです。